( 892kb )


タイトル:東京医労連討論会議が開催されました。
執行部青年部長 -[URL]   -- 17/01/18-08:16..No.[66]  
    東京医労連討論集会
女子医大労組は東京医労連、日本医労連、複数の弁護士事務所、国会議員、都議会議員、新宿区労連その他の団体個人の強力な支援を受けることになっております。それに比べて理事会はほぼ全教職員をはじめ、厚生労働省や文部科学省の意見を無視し暴走を続けておりますが、このような状況がいつまでも続くとは思えません。
 *最も強力な支援は教職員のみなさまの組合への加入と支援です。よろしくお願い致します。こちら




>>> 東京医労連   -- 17/01/18-17:04..No.[67]
 
    日本医科大学は、年末一時金を、夏の女子医大の格差一時金を真似をして、看護師、医療技術職以外の一時金を減らしてわずかですが格差支給を行ったそうです。その後、組合が再三にわたりチーム医療の崩壊や医療安全、モチベーションの低下等を指摘し抗議しました。それにより大学側はこの弊害を認め「2度と格差支給は行わない」と書面により約束することとなりました。それに比べ女子医大の経営陣は情けないほど経営能力が無いそうです。
 





■修正・削除: 記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit(修正)又はdelete(削除)を選びupdateボタンを押下

No. Pass
あっぷっぷ Ver0.61 Created by