( 250kb )


タイトル:理事長先生の学内視察についての御触れ
女性部書記長   -- 17/01/20-08:44..No.[68]  
    理事長先生の学内視察についての御触れ

現場を見て廻り、現場の意見を訊くというのは、大変素晴らしいことで、敬意を示したいと思います。
しかしながら、事前にお知らせしての視察では、その取り巻き達の用意周到な準備の上での視察となっております。実際の状況とは違います。裸の王様状態です。どこかの社長のように変装でもして抜き打ちで現場に入り込んで頂くと分かると思いますが、現場はこれまでのチーム医療を崩壊させる成果主義や格差賃金等による様々な弊害で人手不足や長時間労働、休暇が取れない、賃金減少、理不尽な労働等の労働環境の悪化とモチベーションの低下で医療安全が極めて脅かされているのが実情なのです。また今度、再々々三に重大な医療事故を起こす可能性が濃く秘められています。今度そのような事態になると保険医療機関の取り消し等の重大な処分さえ受ける可能性も有り、そうなると女子医大は破綻してしまいます。吉岡彌生先生以来の100年を越える伝統の女子医大を潰すようなことはしてはなりません。
私たち労働組合は女子医大で働く教職員の生活と女子医大を守りたいのです。





■修正・削除: 記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit(修正)又はdelete(削除)を選びupdateボタンを押下

No. Pass
あっぷっぷ Ver0.61 Created by