タイトル:2月10(金)に行われた団体交渉(要点のみ速報)
書記次長   -- 17/02/13-17:51..No.[80]  
    今回は、「東京医労連」の議長と書記長にも参加して頂きました。

………………………………
(組合側)一連の大幅な一時金や手当の削減について、当初はこれまで同様に理事長が全教職員を対象に説明会を開催すると言っていたが、それがどうして一転して開催しないことになったのか?

(法人側)イントラネットに理事長の説明文を誰でも見えるところに掲載し、職場長宛にメールで配信したので充分である。

:-)))))))))))))))))))….それって、社会通念上不誠実非常識ですよね….質疑応答も出来ません。



……………………………...
(組合側)生活調整手当は、年金及び退職金の大幅改訂に伴い、全教職員から同意書を得たもので、法人と教職員一人一人との契約です。それを一方的に変更することは法的に出来ません。今後、どのように教職員から同意を得るのですか?

(法人側)教職員から同意を得るつもりはありません。赤字なので仕方有りません。
法的な一方的な不利益変更は合理性が伴う場合は許されます。

:-)))))))))))))))))))….その合理性が伴うかどうか、及びその責任については一切教職員に説明がありません。また、その法的云々に於いては、憲法や法律の示すとおり労使同等の立場に於いてきちんと説明責任と誠実さを示した上での事です。

 :-))))...
怖いですね〜学債の債権も赤字を理由に利息無しだの返済義務がどうのこうのといいかねないですね・・・



……………………………...
(組合側)看護師、医師不足(労働環境の悪化)でさらなるモチベーションの低下。
大量の離職者がでる様相ですがその対応策は?またそれに伴う医療安全の悪化をどう考えているのか?

(法人側)(:基本的に答えられない)
研修医は集まっています。
看護師も自分のスキルアップでモチベーションを高めています。

:-)))))))))))))))))))….実態をご存じないようです。
日々の労働で体力的にいっぱいいっぱいです。アンケートの回答にもありますように、多くの看護師が勉強会と称して様々な講習会や会議が負担になっております。さらに一部時間外手当が請求できないこともモチベーションのさらなる低下、離職に繋がっているのです。
組合が行ったアンケート結果を真摯に読んでいれば、このようなトンチンカンな返答をしないはずですね。「赤字だから教職員の意見を訊く必要は無いです」という不誠実極まりない態度では、到底出るところに出た場合において通用し無いことになるのは明らかです。

:-))))..
日本の看護師2交代制16時間勤務は、国際的にクレイジーだと驚かれます。
病院で有りながら常態的な深夜の長時間労働は健康に良くないことは分かっているはずですが。


……………………………...
その他、女子医大の財務状況について。






■修正・削除: 記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit(修正)又はdelete(削除)を選びupdateボタンを押下

No. Pass
あっぷっぷ Ver0.61 Created by